2012年03月11日

クロージングパーティを終えて

昨日のクロージングパーティをもちまして、「かながわレインボーセンターSHIP」を閉館致しました。写真.JPG
昨日のパーティには、セクシュアルマイノリティ当事者はもちろん、学校の先生、議員さんなど、82名の方にお越し頂きました。
また、沢山の方々からお祝いのお花やお菓子などをいただきました。本来でしたら個別にお礼のご連絡をしなければならないのですが、略儀ながらこの場をもってお礼申し上げます。

来賓の中には横須賀市議会議員の藤野議員さん、日本体育大学の先生、県立高校の養護教諭の方々がお越しになられました。
祝辞の中で横須賀市議会議員の藤野さんは、「このようなコミュニティセンターは各地域に必要で、ぜひ横須賀市にも作れるよう頑張りたい」、また日本体育大学の横山先生からは「養護教諭の育成カリキュラムに性的マイノリティの視点を取り入れていきたい」というお言葉を頂戴致しました。

オープンしてから4年6ヶ月の間、学校との連携に頑張ってきましたが、なかなか学校からの反応がなく苦戦していましたが、昨年のDVDの制作をきっかけにつながりができてきました。
これからはこのつながりを大きなものに育てていきたいと思います。

「かながわレインボーセンターSHIP」の幕は閉じますが、4月からはNPO法人として別なところに事務所兼コミュニティサロンを開設する予定でいます。
これからもご支援のほどよろしくお願いします。

代表 星野慎二
posted by ship at 23:45| Comment(120) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月07日

SHIPの足跡帳(Web版)

皆さんこんにちは!

SHIPのシンジです。
SHIPは2007年9月に神奈川県との恊働事業によりオープンし、今までに延べ6,300人の方々に利用されてきましたが、神奈川県との協働事業が今年3月をもって終了するためセンターを3月10日をもって閉館することとなりました。

いままでにSHIPを訪れた方は、年齢では中学2年生から最高70歳、性別に違和感がある方から、同性な好きな方、自分の性別を男性・女性どちらとも決めたくない方など、いろいろな方がお見えになられました。
特に多いのが、将来について考える受験期の高校3年生と、就職活動の大学3〜4年生が最も多いような感じがしております。
今まで自分のセクシュアリティが普通と違うなと感じている「もやもや感」が、受検や就職活動、結婚で将来について考えていく中で、自らのセクシュアリティにはっきり目覚めたり、または性的マイノリティとして生きていくことの不安を考えている人が多くいます。
SHIPにはそんな人達が多く訪れ、そこでいろいろなことを感じたことを「足跡帳」に書き綴っています。
この「足跡帳」は、SHIPを訪れた方の思いがいっぱい詰まった宝物です。
ほんとうは、この「足跡帳」をWEBで公開したいところですが、プライバシーのことがありますので公開することができません、
その代わりに、webで自由に書いたり、読んだりできるWeb足跡帳を作って行きたいと思います。

つきましては、SHIPが10日で閉館致しますが、皆さんの想いをこちらのブログにコメントして頂けると嬉しいです。

皆さんからのメッセージが、SHIPを支えてくれている支援者の励みにもなりますし、また、SHIPに来たくても勇気がなくて一歩が踏む出せない人を元気づけることにもなるかと思います。

皆さんのメッセージをお待ちしております。

ここで集まったメッセージは、ゆくゆくは新しいホームページに移行したいと思います。

写真.JPG
posted by ship at 21:49| Comment(71) | TrackBack(0) | お知らせ